建設業許可

工事をするご依頼されるその会社、建設業許可はありますか❓

塗装工事を含めて、建築業界では、建設業許可は必須要件です。
請負金額が500万円未満の軽微な請負の場合は必要ありませんが、施工会社の信頼性を見るためのバロメーターになります。

もちろん「塗装工事」も建設業許可が必要です。

というのは、許可を得るために下記のような条件があります。

 

1.経営業務管理責任者がいる。

申請する業種の経営に5年以上携わっている必要があります。
という事は、5年以上の経営実績が必要という事です。

 

 

 

2.専任技術者がいる。

一級建築施工管理技士や1級塗装技能士等です。
(漢数字が混ざっているのは、資格証に記載によるものです。)

【専任技術者の要件】
①指定学科修了者で高卒後5年以上もしくは大学卒業後3年以上の実務経験を有する者
②指定学科修了者で専門学校卒業後5年以上の実務経験を有する者。または専門学校卒業後3年以上の実務経験を有する者で、専門士もしくは高度専門士を有する者
③許可を受けようとする建設業にかかわる建設工事に関して、10年以上の実務経験を有する者
④国家資格者
⑤複数業種にかかわる実務経験を有する者

 

 

3.請負契約に関して誠実性

法令違反・契約の不正・不履行などをしていない事です。
上記の様な事があれば、建設業許可の取得が出来ません。

 

 

4.財産的基礎または金銭的信用

工事を請け負うための、一定の準備金や運転資金をが必要になります。許可申請時には、銀行の残高証明などを提出します。

 

 

5.欠格要件に該当しない。

許可を受けようとする者、法人の役員などが、法に触れるような事をしていないという事です。

 

 

 

建設業許可を持っていると、「安心」というわけではありませんが、無ければ「不安」という事です。
1~5までの要件は誠実に請負をしてきた業者であれば難なくクリア出来ます。
が、それをクリア出来ない・取得していない、は「不安」になります。

余談ですが、建設関係の仕事をしている会社の場合、銀行で融資が必要な時は「建設業許可」の提出の求められます。
持っていない会社は、「もぐりの会社」のような扱いをされ融資の審査が厳しくなります。
「建設業許可」は、業界での実績や実力の判断の一つにされています。

工事を検討される場合は、最低でも建設業許可が有るかどうかをご確認下さい。

 

弊社も多くの業社と同じように許可を得ています。

2種類の許可があります。

建築工事業
塗装工事業

ご安心して工事をお任せくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

【検索ワード】大阪府 守口市 寝屋川市 外壁塗装 防水 雨漏れ 色 カラーシミュレーション カラープラン おしゃれ オシャレ 塗り替え 塗替 施工例 レビュー 口コミ 評判 人気 2色 助成金 人気

 

メールフォームから見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。

1.お客様専用のわかりやすい調査書が無料
2.更に!仕様書を無料でお作りします。
3.詳細に書かれた見積書を無料でお作りします。
4.塗替デザインを無料でお作りします。
5.カラープランを無料でお作りします。

以下のフォームからお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事