昨日に引き続き、合奏時の一コマです。

 

 

指揮者の注意事項や、

 

ボーイング(弓を下げるか、弓を上げるかの順序)、

 

指番号(どの指でどの弦を押さえるか)など、

 

書き込むのに筆記用具を使います。

 

 

皆さん、鉛筆やボールペン、フリクションペンなど色々です。

 

消しやすいので主に鉛筆を使っています。

 

特に大事な箇所などは色つきのフリクションペンを使っています。

 

 

前回のブログとかぶるのですが、

 

左手は楽器を支えているので、

 

筆記用具の置き場所に工夫が必要です。

 

譜面台の上に置くと、譜めくりができません😅

 

 

そこで私は、こんなことをしています。

 

 

 

鉛筆キャップの先に鉄製のネジを付けてます。

 

フリクションペンに小さな鉄製のリングを付けてます。

 

 

 

 

譜面台の裏には強力磁石❗

 

へへへ、合奏中はこんな感じです。

 

 

 

 

磁石で、「ぶら~ん、ぶら~ん」しています(笑)

 

これ、他の楽器でも使えるので是非お試し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

ホームページからの見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。
見積もりはもちろん無料ですので安心してお申し込み頂きたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事