刷毛さばき

 

 

 

店舗改装をしている現場の前を通りかかったとき、

 

塗装職人が内装塗装をしているのに目がとまりました。

 

興味をもって少し眺めていたのですが、

 

どうも違和感があるのです。

 

それは刷毛を運ぶ手順が逆手になっているのです。

 

一般的に右利きの作業員の場合、

 

塗装作業としては部屋の右から左へと体を運びます。

 

そして引力があるので上から順番に作業をし、

 

下の方に降りてきます。

 

右から左へと・・・

 

これは、塗料の付いた刷毛を壁に載せた際、

 

最初に刷毛が触れた箇所が「クチャ!」とした刷毛の後が付ます。

 

これを左側の方から、右側へ刷毛さばきをして、

 

塗料を塗布します。

 

その後、体を左側に少し移動して、

 

改めて左側の方から、右側へ刷毛さばきをします。

 

すると、一回目に刷毛が最初に触れた箇所は、

 

2回目に塗った刷毛さばきによって消されます。

 

すると、刷毛ムラが出ないのです。

 

これを繰り返し進めていくのですが、

 

その店舗塗装では左から右へと塗っていました。

 

内装の経験が少ない作業員だなぁ、と思いつつ、

 

外装の場合はそのよう事を意識しないので、

 

そちらを得意にしているんだろうなぁ、と感じました。

 

水性の艶消し(EP)を塗っていたので、

 

なんだか仕上りが心配😅

 

ムラが出なければいいですが・・・。

 

 

 

メールフォームから見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。

1.お客様専用のわかりやすい調査書が無料
2.更に!仕様書を無料でお作りします。
3.詳細に書かれた見積書を無料でお作りします。
4.塗替デザインを無料でお作りします。
5.カラープランを無料でお作りします。

以下のフォームからお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事