パイロットのミュージック

 

 

 

気合いが入る書類には万年筆を使うことが多い

 

と、以前にブログで紹介させて頂きました。

 

パイロットの「ミュー」という商品で、

 

細字でとても書きやすいです。

 

もう10年以上は使っています。

 

 

ただ、細字のため宛名書きは向いていません。

 

宛名書きには同じメーカーの

 

「ミュージック」を使っています。

 

 

もともと、5線譜に音符を書くための万年筆。

 

真横に書くと細く、縦に書くと超太字。

 

 

パイロットの「カスタム」というシリーズに含まれている商品です。

 

カスタムなので安価なシリーズです。

 

 

他の万年筆との違いは、先割れが通常1本のところ、

 

太字で沢山のインクが必要になるため、2本入っています。

 

写真の下の方がそうです。

 

なんとなく先割れが2本見えるでしょうか。

 

 

 

この万年筆で書くと、インクが大量に紙に乗り、黒光りします(笑)

 

ヌメヌメとした書き味が気持ちいいのです。

 

ボールペンでは味わえない感じです。

 

 

大量にインクを使うため、

 

カートリッジのインクでは直ぐに無くなってしまいます。

 

 

そこでコーンバーターという

 

インクを吸い上げるポンプ機能を持った

 

「インクタンク」(?)を使います。

 

 

 

早着するとこんな感じ

 

 

 

 

インクの吸い上げ方は簡単です。

 

インク壺に先っぽを漬けて、

 

お尻の黒いポンプをプカプカするだけです。

 

 

吸い上げる前

 

 

吸い上げた後

 

 

タンクがインクで満たされました。

 

 

ここからが気をつけなければいけません。

 

インク壺に先っぽが漬かっているので、

 

ティッシュを片手にペン先を拭きながら、

 

インク壺から上げていきます。

 

 

 

 

この儀式が終わるとヌメヌメとした書き心地が得られます😊

 

 

 

 

 

 

万年筆は楽しいですよ 😎

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

ホームページからの見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。
見積もりはもちろん無料ですので安心してお申し込み頂きたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事