ケレン

 

 

 

「ケレン」という言葉、ご存じでしょうか。

 

塗装業界では、

 

鉄部の古いペンキを剥がしたり、サビを擦ったり、

 

モルタル部の脆弱な部分を除去したりする事を

 

「ケレン」といいます。

 

「ケレン」はJIS規格にもなっています。

 

1種ケレン~4種ケレンまで色々とあります。

(大日本塗料のウェブサイトに詳しく書かれています。)

 

この「ケレン」という言葉、

 

変な言葉ですよね。

 

私が初めてこの言葉を聞いたのは、

 

修行に入って間もない頃、

 

先輩作業員に「そこケレンしておけ!」と言われたときです。

 

❓❓❓

 

なにそれ ❗❓ と思いました。

 

あとあと判ったのですが、

 

英語の「クリーン」が訛って「ケレン」になったのです。

 

clean

 

明治に塗料が日本に入ってきたので、

 

その時の翻訳した(聞き覚えた?)言葉が

 

今では規格にまでなっているのです。

 

ナルホド、クリーンはケレンと読めそうです😊

 

理屈はわかります。

 

塗装するところを「綺麗にする」「クリーン」も同じ意味ですね。

 

 

こんな言葉は沢山例がありますね。

 

「マシン」と「ミシン」

machine

 

「エナジー」と「エネルギー」

energy

 

 

日本語の面白さを感じます。

 

DIYでケレンされる時は、

 

思い出してみて下さいね😊

 

 

 

メールフォームから見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。

1.お客様専用のわかりやすい調査書が無料
2.更に!仕様書を無料でお作りします。
3.詳細に書かれた見積書を無料でお作りします。
4.塗替デザインを無料でお作りします。
5.カラープランを無料でお作りします。

以下のフォームからお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事