つくり番線

 

 

 

番線ってご存じでしょうか。

 

簡単にいえば、長くて太めの針金です。

 

使うようによって太さや長さが違うのですが、

 

私たちがよく使うのは、

 

「つくり番線」と言われる物です。

 

普通の番線は丸い束になっています。

 

https://www.monotaro.com/monotaroMain.pyより引用

 

使い方はこんな感じです。

 

https://www.monotaro.com/monotaroMain.pyより引用

 

重量物を束にする際によく使います。

 

 

「つくり番線」というのは

 

予め適当な長さにカットしている物です。

 

https://www.higashiosakabrand.jp/products/478/より引用

 

主な用途は、丸太で足場を組むときに、

 

丸太と丸太を結束するのに使用します。

 

引用元

 

修行中、この番線とシノ(束ねる際つかう鉄の棒。上の写真にも写ってます。)の

 

使い方になれる必要がありました。

 

今では金属製の足場が中心ですが、

 

当時は丸太が中心。いまでも解体現場などは、丸太足場を使っていますね。

 

この番線、結束以外にも塗料の空き缶を利用して、

 

材料を運ぶ容器を作ったり、

 

調色の際の混ぜ棒に使ったりと色々な用途があります。

 

番線を上手に使いこなす職人は減りましたが、

 

建築現場で丸太足場を見かけられたとき、

 

一度興味をもって見て下さいませ😊

 

 

 

メールフォームから見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。

1.お客様専用のわかりやすい調査書が無料
2.更に!仕様書を無料でお作りします。
3.詳細に書かれた見積書を無料でお作りします。
4.塗替デザインを無料でお作りします。
5.カラープランを無料でお作りします。

以下のフォームからお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事