お知らせ

 

 

 

ト音記号とヘ音記号はご存じの方も多いと思います。

 

 

ト音記号

 

 

ヘ音記号

 

 

 

ピアノの楽譜など、よく出てきますね。

 

コントラバスは、へ音記号で書かれています。

 

 

ところが、音程が高くなってくると、

 

テノール記号で記譜されることがあります。

 

 

テノール記号

 

 

あまり見かけないと思いますが、

 

ト音記号で言うところの、「レ」の場所が、

 

テノール記号は「ド」になります。

 

 

この記号で記譜されると、

 

馴れていないので途端に読みにくくなります。

 

 

ト音記号と記譜上、2度しか変わらないので、

 

「ト音記号でいいんじゃないの?」と、

 

思ってしまったりします 😅

 

 

恐らく、実際に発音されている音と、

 

記譜上の音とが2オクターブ違うので、

 

矛盾があるからかな?

 

 

でも、もともとコントラバスでは、

 

楽譜を読みやすくするために、

 

1オクターブ高く記譜されています。

 

 

今練習している曲の所々に、

 

この「テノール記号」出てくるのです。

 

馴れないといけないなあ 😅