シケラック(shellac)①

http://www.koyokagaku.co.jp/shaellac.html より引用

 

 

「シケラック」という塗料が有ります。

 

ニス系です。

 

このラックニス、面白い事に業界によって言い方が異なるんです。

 

建築業界では「シケラック」

 

家具業界では「シェラック」

 

楽器業界では「セラック」

 

要は、日本語読みしたときの発音の違いです。

 

細かい事はここでは書きませんが、

 

超簡単にいえば

 

ラック貝という動物系の分泌物により作られる樹脂です。

 

古くからニスとして利用されたり、

 

接着材として使われたりしています。

 

天然の物は「フレーク状」で、それをアルコールで溶かして使用します。

 

色は茶系。

 

優しい色合いです。

 

最近では、ウレタン系のニスが主流ですが

 

この数百年昔から使われているニスもよく使われます。

 

特に楽器の世界では、

 

ウレタン系ニスは膜厚があり響きが抑えられ、

 

ピカピカと綺麗なのですが、高級な楽器には敬遠されます。

 

その為、価格の高いギターなどは、

 

「ラッカー仕上げ」(クリアラッカー)される事が多いのです。

 

ラッカーはウレタン系ニスと比べて耐久性は劣りますが、

 

塗膜が薄く響きが良いとされています。

 

実は、手工品と言われる超高級ギターは

 

天然の「セラック仕上(シケラック)」をされます。

 

膜厚が薄く、素人の方が聞いても、音の違いがわかります。

 

ただ、乾燥が遅いので扱いにくく(乾燥養生中にホコリが付いたり😅)、

 

セラックの濃度を下げながら、何度も重ね塗りをします。

 

最後に布で擦りあげて光沢を出します。

 

とても上品な仕上りになりますよ。

 

見比べてみて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールフォームから見積りがおすすめです。
iwata

当サイトを運営するにあたり「せっかく見てくれたのだからなにか特典をつけることはないか」と考え5つの「無料」サービスを用意しました。

1.お客様専用のわかりやすい調査書が無料
2.更に!仕様書を無料でお作りします。
3.詳細に書かれた見積書を無料でお作りします。
4.塗替デザインを無料でお作りします。
5.カラープランを無料でお作りします。

以下のフォームからお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事