仕事のデータはいろんな方法でバックアップをとられていると思います。
過去に何度か痛い目にあっているので、
データが消えるという恐ろしさは身にしみています。
弊社では、ドロップボックスとクラウドサービスを利用しています。
データ消失のほとんどは、
間違って消した、または、ハードディスクの故障
この二つが主な理由と考えております。
その点、ドロップボックスは
過去30日間は、削除したデータを復旧することが出来、
ハードディスクの故障も、信頼性の高いクラウドに預けているので、
回避出来ると思っています。
それだけでは無く、
そのデータを3台のパソコンで同期しています。
もし、ハードディスクが故障しても、
他の2台があるので業務に支障はありません。
万全の対策です。
万全の対策と思ってました・・・。
昨日、いつも通り作業をしていると、
ドロップボックスがデータ更新のメッセージを出しました。
「20万ファイルの削除中です。」
???
3台のパソコンを私一人で使用しているので、
勝手に削除されるはずがありません。
しかし、削除されているのです(進行形)
気がついて、ログアウト使用としたときには、
削除完了!
これは、慌てました。
30秒ほど何が起こったか理解できなかったのですが、
まずはデータの復旧が大事。
削除ファイルの復活の作業を行おうと、
ドロップボックスのサイトへ行きました。
なるほど、削除ファイルは順番に手作業で復活することが出来るのですが、
20万ファイルなので、手の施しようがありません。
実は、ドロップボックスには削除した際に、
元のパソコンのハードディスク内に、
キャッシュを作り、3日間残してくれます。
その、キャッシュを別のハードディスクにコピーをしました。
その時間、5.5時間(涙)
中身を見てみると、
フォルダー分けされていない為、
ファイル名が違う名前で保存されているのです。
根気よく探せば、必要なファイルを見つけることが出来そうですが、
至難の業。
あきらめました。
削除されたのは、
色番号や工事写真、過去の見積書データなど。
実際の所、
調べるの月に1回程度。
あきらめも肝心です。
と、いいつつもう他のパソコンは?
事務所にあるパソコンはすでに同期完了(削除完了)
自宅のパソコンも、
いつでも仕事が出来るように同期させているのでまず無理でしょう。
悶々としながら、現場へ出かけていきました。
しかし、仕方がありません。
あきらめて仕事を済まし、帰宅しました。
パソコンを見てみると、
ソフトの更新で勝手に再起動されており、
パスワードの入力画面で止まっていました。
LANケーブルを抜いて起動してみると、
なんとデータがそのまま残っていたのです!!
目下、データの復旧作業中です。
やっぱり、バックアップは必要ですね。
しかし、いまだ削除された理由は分かりません。